最終更新日 2017年08月21日

口座を開設してみよう

口座を開設してみよう

FX取引をより有利に行うためにも、取引の内容や手段によって口座を使い分けると良いでしょう。
実際の取引に利用しない場合でも、口座を開設することは可能です。それぞれの会社の特徴や強みを上手に活用しましょう。複数の口座を持つことで、取引のリスク回避にも役立つのです。

STEP1 サイトを訪れ「オンライン口座開設」をクリック!

口座開設の申し込みを、各FX取引業者のページから行います。その際、FX取引を行う際に発生の可能性があるリスクについての確認を要する場合があります。また、これまでの投資経験などを記入し、適合性をチェックするFX取引業者もあります。

STEP2 口座を開設する商品(FX)を選択肢、まずは適合性診断をスタート!

本人確認書類を、メールやFAXで送付します。運転免許証や健康保険証、パスポートなどのコピーが必要になります。

STEP3 本人情報の記入

審査に通った場合、FX取引業者から口座の内容が記載された書類が届きます。ログインIDやパスワードも、この書類で確認することができます。

STEP4 本人確認書類を送付

口座内容の通知書に従って、指定の口座に証拠金を入金します。入金確認がとれないと管理画面にログインできないようになっているところもあります。忘れないうちに入金するようにしましょう。

STEP5 口座開設完了!

FX取引業者の中には、投資ツールをダウンロードして使うところがあります。ツールをダウンロードし、管理画面にログインしてみましょう。あとはあなたの腕次第です。最初は小さな取引からはじめて、徐々に慣れていくようにしましょう。